流通系のいろいろな仕事

流通系のいろいろな仕事

私達が住んでいるそれぞれの街には、一歩外に出れば色々なものが流通していることがわかります。コンビニに行けばお惣菜や生活関連商品が手軽に購入できますし、ドラックストアに行けば、家庭用薬品が簡単に手に入ります。

これは日本の流通業界が発展しているおかげですね。そんな流通業界には、本当に色々な職種があるのも事実です。その中から流通関連の職業をいくつかピックアップしてみました。

宝石鑑別者

ルビーやダイヤモンドなど、価値の高い宝石類の鑑別、鑑定作業を行うのが宝石鑑別者、また宝石鑑定者です。職場は主に、ジュエリーショップになります。日本には宝石の鑑定に関する国家資格がありませんが、アメリカには「GIA」(米国宝石学会)が実施している、「GIA-GG」の資格があります。この資格を取得すると、就職に有利だと言われています。

衣料管理士

アパレルや繊維産業において、繊維製品の素材や生産、流通、守秘の分野の基礎知識を体系的に見につけた専門家が「衣料管理士」です。消費者の視点からアパレル製品を専門的にとらえ、企業と消費者の間の関係を円滑にする役割を持っています。

コンビニエンスストア経営

コンビニを経営するためには、有名企業の加盟店になるのが早道です。店の改築、従業員教育、物流、情報システムなどをバックアップしてもらう代わりにロイヤリティを支払うシステムですが、近年では各オーナー独自の工夫と努力で収益を伸ばしている例も多いようです。

生協職員

日本の各地域にある「生協」。生協は利用者が出資金を出して組合員になり、利用するようになっています。仕事の内容は、主に店舗販売や協同購入、宅配、共済などのサービスの提供などです。仕事をする際は特別な資格は入りませんが、商品の配達のためには普通免許が必要です。

古物商

古物とは、一度使われたり販売されたりした品物のことです。根強い人気のアンティークやプレミアムグッズなどがあり、美術品類、衣類など13品目に分類されています。古物を売り買いするためには、公安委員会の許可が必要です。新しく古物営業を行うためには、営業地域を管轄する警察署の防犯係に許可申請をして、公安委員会の許可を受けます。


 

資格一覧

スポンサードリンク