資格は就職や転職を有利にする

資格は就職や転職を有利にする

資格を取得することには、実に様々なメリットがあります。医師や弁護士のような、その資格を取得しなければ仕事にも就くことができない業務独占型の国家資格などは、取得すればそれなりの社会的地位と収入が確保できます。

また、業務を行う上で、企業としても有資格者が必要な資格はたくさんあります。飲食店では調理師免許取得者が必要ですし、不動産屋では宅地建物取引主任者の資格が必要ですね。

つまり、このような資格を持っていれば、独立開業だけでなく、就職にも有利ということになります。また、資格を持っているということは、スペシャリストとしてのスキルを証明することにもなるので、雇用する側の企業にとっても評価の材料になります。

日本の企業と欧米企業の雇用状況を比較した場合、欧米の企業は景気が悪化するとすぐにリストラしたり、賃金を下げたりして、人件費をどんどん縮小していきます。一方日本の企業の場合は、このような人件費を削るような手法を好みません。特に、スペシャリストとして活躍している有資格者の人材は、手放せないのが現状です。

また、企業はスペシャリストを育成するために、資格取得を奨励しています。資格の取得には費用がかかる場合が多いですが、企業によってはその費用を全額負担してくれたり、資格取得後は手当てを支給してくれる場合もあります。

また、時間的援助として資格取得のための時間を作ってくれたりする企業もあります。資格を持った人材がいる企業は、社会的な信用につながりますので、今後もこの傾向が無くなることは無いでしょう。


 

資格一覧

スポンサードリンク