資格で転職が有利になる5つの理由とは?

なぜ、資格があると転職が有利になるのか?

資格で転職を有利に進めた人


資格があると、転職が有利になるのか。

この問いに対する答えは人それぞれ意見が分かれるものですが、取得した資格を積極的にアピールし、転職を有利に進めている人達が実際に存在していることは紛れもない事実です。

一体なぜ、資格を持っていることで、転職に成功しやすくなるのか。今回はその理由を5つピックアップしてみました。

1.特定の仕事に就業できる


世の中には「資格を持っていなければ、できない仕事」がたくさんあります。

看護師や薬剤師などの医療職は、それぞれの国家資格を持っていることが大前提です。また電気工事に関わる会社の場合、電気工事士の資格の有無が採用の条件になっている場合も少なくありません。

資格が無ければ就業できない職種は、転職が有利になる可能性が非常に高いです。

2.給料アップが期待できる


気になる求人を見つけたが、給料が安くて応募に躊躇している。

このような理由でなかなか転職できないケースも、決して少なくないのが現状だと思います。

しかしながら特定の資格を持っていることで、好条件で就業できる場合があります。

例えば給料が良い外資系企業の求人の場合、TOEICのスコアが700〜800点以上のスキルを求めているケースがあります。一定の英語力を持っていれば、好条件で就業できるわけです。

資格で能力をアピールすることができれば、高い給料の企業へ転職することも可能になります。

3.仕事に対するやる気や意気込みをアピールできる


多くの場合、資格の試験勉強は自分のプライベートな時間を割いて行うものです。

せっかくの休みを勉強の時間に当てることは、仕事や職種、そして業界に対する高い意識の表れだと言えます。

これは採用担当者からすれば、”仕事に対してやる気がある人物”という評価に繋がります。仕事のルールは会社によって異なるケースも少なくありませんが、そのような部分もしっかり学習してくれる人と評価される可能性が高いです。

資格の保持で一定の能力をアピールできるだけでなく、仕事に対する意気込みを示せるのです。

4.スペシャリストとして仕事を任せられる


資格を持つことは、「専門的な知識やスキルを持っている人」だと周囲から評価されます。

例えば様々な企業で活用されている「IT」に関する資格を持っていれば、パソコン周りに強い人だと評価され、仕事を任せられる場面も増えていくはずです。

企業にとって業務に直結する有用な資格を持つ人は、本当に貴重な存在です。職種におけるスペシャリストは、転職活動においても間違いなく有利になるでしょう。

5.企業として社会にアピールできる


世間一般的に評価されている資格を保持している社員が在籍していることは、企業として社会にアピールできます。

例として、健康関連の企業に看護師などの医療職のスペシャリストが在籍している場合、自社のWebサイトでそのことを公表すれば、信頼感をアップさせることが可能です。

社会的に信頼感のある資格は、企業としても大きな武器になるのです。資格は自分自身のためだけでなく、企業においても有益だと言えるでしょう。

資格一覧 TOPページに戻る


スポンサーリンク