経営・税務・労務・金融関連の国家資格一覧

経営・税務・労務・金融に関わる資格一覧

経営・税務・労務・金融関連の国家資格一覧

資格名 仕事内容 合格率(%)・競争率(倍)
公認会計士 企業の財務書類の監査業務 8.0%
税理士 企業や個人の税理相談・代行業務 10.1%
中小企業診断士 企業診断の専門家。経営コンサルタント 1次 15.9%
金融窓口サービス技能検定 預金、為替、証券等を取り扱う資格 1級(学科) 8.4%
ファイナンシャル・プランニング技能検定 資産相談業務。金融機関職員
社会保険労務士 企業における労働・社会保険の関連業務 8.6%
弁理士 企業等の代理人として、特許・商標等の手続きを行う 8.3%
通関士 複雑な通関業務を代行する専門家 9.8%

 

資格一覧

スポンサードリンク


経営・税務・労務・金融関連の国家資格一覧エントリー一覧

社会保険労務士│資格一覧

社会保険労務士は、企業内の労働環境の整備を図る専門家です。健保や労災、雇用保険などに関わる書類を作成したり、就業規則や年金相談、人事、労務管理なども一挙に引き受けています。社会人になるとなかなか時間を確保しにくくなりますが、それでも1〜3年程度頑張れば取得でき、そして人事・労務のスペシャリストになれ...

続きを読む

弁理士│経営・税務・労務・金融関連の国家資格一覧

弁理士の仕事は、一言で表すとすれば「産業財産権の出願代行」です。産業財産権とは、新しい発明や考案の権利を守るための特許権や実用新案権、工業品などのデザインを保護する意匠権、商品やサービスに使用する商標権のことを指しています。これらの権利を取得するのは簡単なものではなく、特許庁に複雑な書類や図面を提出...

続きを読む

中小企業診断士の受験資格や試験日について│資格一覧

中小企業診断士は、企業の経営状態を総合的に診断し、改善から支援、教育まで、幅広くコンサルティング業務を行います。中小企業の経営状態は厳しさを増しており、生き残りをかけています。そんな中、中小企業診断士は企業の頼もしいパートナーとして注目を浴びています。<中小企業診断士の試験について>受験資格1次 誰...

続きを読む

通関士の資格内容や試験の概要/資格一覧

通関士は、輸出や輸入の現場において欠かせない国家資格です。国際貿易を行う時は、輸出入業者は必ず税関に申告して、許可を得る必要があります。この通関手続きは、代理・代行業者に委託することになるのですが、これを請け負う通関業者は、その手続きを行う時に必ず「通関士」の資格保持者を1名以上置かなければなりませ...

続きを読む

公認会計士の資格内容と試験概要/資格一覧

公認会計士の主な仕事は、各企業の財務書類の監査を行うことです。財務書類の監査とは、会社の会計記録がその会社の経営・財務状態を正しく示していることを証明することです。これは株主等に報告するために行われる業務で、公認会計士の独占業務になっています。公認会計士の資格取得後は、所定の手続き行うことによって税...

続きを読む

税理士の資格内容と試験概要について/資格一覧

税理士とは、税務に関してのエキスパートとも言える職業です。国家資格であり、税務関連の業務は税理士の独占業務として認められています。主な仕事は、企業や個人の依頼によって所得税・法人税・事業税・相続税・固定資産税など、税に関する申告を代行したり、官公署に提出する書類を作成したり、税に関しての相談に応じる...

続きを読む