健康・スポーツ・競技関連の民間資格一覧

健康・スポーツ・競技関連の民間資格一覧

資格名 資格・仕事内容
地方競馬騎手 都道府県や指定市町村が開催する競馬の騎手
地方競馬調教師 地方競馬で出走する馬の調教や騎手の人事管理
オートレース選手 オートレースのプロスポーツ選手。9ヶ月間訓練した後、選手資格検定に合格し、登録される
オートレース審判員 地方自治体開催のオートレース競争での審判を勤める
ヨット指導員 初心者にヨットの楽しみ方と安全対策を指導する
ヨット公認ジャッジ 海上にてヨット競技をジャッジする
健康運動指導士 個人の運動プログラムを作成して指導する
健康運動実践指導者 健康づくりのための運動指導者に与えられる資格
公認スポーツ指導者(総合解説) (財)日本体育協会が認定している資格制度。指導能力を備えた責任あるスポーツ指導者を養成
スポーツリーダー 地域の基礎的なスポーツ指導や企画の運営を行う
競技別指導者資格 競技別に専門的なスポーツ指導を行う
ジュニアスポーツ指導員 子供達のスポーツ活動を指導する
スポーツプログラマー 一人一人に適した運動プログラムを作成する
スポーツ栄養士 スポーツ選手の栄養摂取・食事に関する専門的なサポートを行う
スポーツドクター スポーツ活動を医学的な立場からサポートする医師
アスレティックトレーナー スポーツでの外傷の処置からリハビリまで、幅広く選手をサポート
スポーツクラブインストラクター スポーツクラブ等における運動指導者
トレーニング指導士 正しいトレーニング方法を普及する
体育施設管理士 体育館や各種スポーツフロア等の設備を維持管理する
オリエンテーリング・インストラクタ 自然界の危険回避方法などを指導する
健康生きがいづくりアドバイザー 中高年齢者の健康生きがい作りを支援する
健康管理士一般指導員 企業や労働組合、家庭などで健康管理上の指導を行う
陸上競技審判員 日本陸連からの依頼で競技を審判
キャンプインストラクター キャンプを楽しく安全に行えるように指導する
登山ガイド (社)日本山岳ガイド協会が認定する登山ガイド。安心して登山を楽しめるよう案内する
フォークダンス公認指導者 (社)日本フォークダンス連盟が公認。フォークダンスや日本民謡、スクエアダンスなどのリーダーとなり、指導ができる
空手道公認審判員 空手競技の進行と審判を行う
ウエイトリフティング公認審判員 ウエイトリフティング競技をチェックし、判定する
ボディビル公認指導員 個人の力量に応じたトレーニングメニューやその方法を指導する資格
エアロビックダンスエクササイズ インストラクター(ADI) (社)日本フィットネス協会認定。安全にできるプログラムを構成し、指導する
柔道 日本で生まれた世界のスポーツ。級位は5級〜1級、段位は初段〜10段まで
合気道 級位は5級〜1級、段位は初段から八段まで。女性にも人気の武道
空手道 沖縄から伝わった素手で戦う武道。級位は8級〜1級まで、段位は初段〜10段まで
大相撲力士 日本の国技。前相撲、序ノ口、序二段、三段目、幕下、十両、幕内とステップアップする
少林寺拳法 修練の中で自信と勇気を身に付ける。6〜1級、初段〜九段の資格がある
アマチュア・ボクシング公認審判員 審判員の資格はジャッジとレフリーの2種類がある
プロボクシング審判員 リング上で試合を運営。資格はコミッションがライセンスを認定する
剣道 日本古来の剣術。級位は10級〜1級、段位は初段から10段まで
弓道 近的競技(28m)と遠的競技(60m)がある。級位は5〜1級、段位は初〜十段、称号は錬士・教士・範士がある
フェンシング フルーレ、エペ、サーブルの3種類があり、フェンサー(初・中・上級)、マスター、ベテランという階級に分けられている
なぎなた 平安時代からの日本古来の武術。級位は10〜1級、段位は初段〜5段、称号は錬士・教士・範士がある
なぎなた公認審判員 第1種〜第3種の公認審判員がある
日本ゲートボール連合認定審判員 ゲートボールを円滑に進める審判員。3級〜1級がある
アーチェリー公認審判員 県クラブレベル、都道府県レベル、全国レベルの3段階がある
アーチェリー 各加盟団体の主催する競技会に出場し、その成績によってバッジを申請して連盟が認定する
クレー射撃公認審判員 クレー射撃競技の判定を下す。資格は1級、2級に分かれている
ホッケー公認審判員 ホッケーの試合を正確にジャッジする。審判資格には、D級、C級、B級、A級の4ランクある
プロゴルファー トーナメントで活躍するトーナメントプロと、練習場で指導を行うティーチングプロがある
女子プロゴルファー 1次予選会に合格後、約3ヶ月の講習を受けて初めて、プロテストの受験資格が与えられる
サッカー審判員 (財)日本サッカー協会が認定する公式審判員
ソフトボール公認審判員 公正な判定で試合を円滑に進める。第3種、第2種、第1種に分かれている
卓球 実力を判定する級位が1級〜5級、段位が初段から10段まである
卓球審判員 公認審判員、上級公認審判員、公認レフリー、名誉レフリーの4段階がある
公認テニス指導員 競技者のレベルに合わせて、テニスの基本的な指導にあたる
バスケットボール審判員 公認、A級、AA級、国際の4ランクがある
バドミントン審判員 公式試合の審判を行うためには、公認審判員資格審査に合格する必要がある
バレーボール審判員 名誉、A級、A級候補、B級、C級、レフリーインストラクターの6種類がある
ハンドボール審判員 高校、大学、実業団などのハンドボール競技の審判員。D級、C級、B級、A級の4つのランクがある
ボウリング JBC(全日本ボウリング協会)に約5万人の会員が登録
プロボウラー プロテストに合格しなければならない。賞金がかかったトーナメントに出場可能。
プロ野球審判員 プレーを正しく判定する。審判員の採用は、各リーグ独自に行われている。
軟式野球審判員 市区町村軟式野球連盟公認の審判員としての、登録が必要
日本ラグビーフットボール協会公認レフリー D級、C級、B級、A1級、A級の5つのランクがある
カバディ審判員 日本カバディ協会認定の資格。筆記と実技試験がある
基礎スケート指導員 スケートの指導に従事。準指導員と指導員の2つの資格がある
フィギュアスケート審判員 氷上の華麗な演技をジャッジする。シングル/ペア、アイスダンス、シンクロナイズドスケーティングの3つの資格がある
スピードスケート審判員 日本スケート連盟公認。S級、F級のランクがある
水泳指導員 体力増進に効果的なスイミングを指導する
水泳指導管理士 水泳連盟が公認。プールの水質管理、利用者の監督などを行う
日本泳法 毎年8月に日本泳法委員会にて資格審査を行っている
基礎水泳指導員 講習会と検定試験がある。合格者は日本水泳連盟で資格が認定される
赤十字水上安全法救助員 水の事故から人命を守る技術を身に付ける
安全潜水管理者 ダイバー達の事故を未然に防ぐ
サーフ・ライフセーバー 日本ライフセービング協会が資格認定を行っている
サーフィン海上安全指導員 サーフィンの安全意識の普及に努める。講習受講後に認定試験の合格が必要
ボードセーリング海上安全指導員 事故防止やマナー指導に努める。認定試験に合格しなければならない
スキューバ・ダイビング インストラクター スキューバ・ダイビングのインストラクターを養成する
スクーバ国際認定証 スクーバダイビングの国際認定証として、世界中の海で通用するもの
フィッシング海上安全指導員 安全な釣り場のチェックを行う
ボート公認審判員 ボート競技を審判。C級、B級、A級、参与、名誉審判員の5つがある
JAF公認審判員 モータースポーツのオフィシャルを務める
JAF競技運転者 モータースポーツ競技に必要なライセンス
JAFカート・ドライバー カートレースに出場するためのドライバーライセンス
JAFカートオフィシャル カートレースにおいて公正さと安全を確保する審判員
パラグライディング教員技能証 パラグライダースクールのインストラクター
ハング・パラグライダーFAI国際技能記章 達成した飛行の成果に対して与えられる賞
FAI国際滑空記章 グライダーの操縦技術を国際的な基準に合わせて客観的に評価
落下傘降下士技能証 スカイダイビングを安全に楽しめる人に与えられる技能証明
ラジオコントロール・飛行機検定 ビギナーズ級からスーパーマスターズ級まで8つのレベルがある
ラジオコントロール・ヘリコプター技能証 R/Cヘリコプター愛好者の飛行操縦技術を認定する資格

 

資格一覧

スポンサードリンク


健康・スポーツ・競技関連の民間資格一覧エントリー一覧

健康運動指導士(民間資格)の概要と受験資格

超高齢化社会の日本では、医療費や介護費がどんどん上がっています。このため、いかに”健康的”に生きていけるのかが、とても大切に考えられるようになりました。このような社会事情において有用な資格が「健康運動指導士」です。健康運動指導士は、人それぞれの心身の状況に応じて、安全で効果的に実践できる運動プログラ...

続きを読む