通関士の資格内容や試験の概要

通関士の資格内容や試験の概要

通関士は、輸出や輸入の現場において欠かせない国家資格です。国際貿易を行う時は、輸出入業者は必ず税関に申告して、許可を得る必要があります。

この通関手続きは、代理・代行業者に委託することになるのですが、これを請け負う通関業者は、その手続きを行う時に必ず「通関士」の資格保持者を1名以上置かなければなりません。つまり、通関士は税関の通関手続きにおいて、欠かすことのできない職業なんですね。

通関士は、国家資格に合格したあと通関業者に就職し、税関長に確認されてはじめて通関士として働くことができます。日本は輸出入の枠が広がる傾向にあるので、通関士の職業は今後も有望だと言えます。また、近年は一般企業からの需要も増えており、企業内にて資格の取得を推進しているところもあるそうです。

通関士の試験概要

受験資格 年齢や国籍などの制限は無し
合格率 8.6%(平成24年度)
受付期間 8月上旬(2週間程度)
試験日 例年10月上旬
試験地 東京、神奈川、愛知、大阪、静岡、宮城、北海道、兵庫、新潟、広島、福岡、熊本、沖縄
受験料 願書の書面提出は3,000円、システムによる提出は2,900円
受験手続 所定の申請書に記入し、各税関の通関業監督官に提出する
試験内容 1.通関業法
2.関税法、関税定率法、関税に関する法律および外国為替、外国貿易法
3.通関書類の作成要領、その他通関手続きの実務
問い合わせ先 函館、東京、横浜、名古屋、大阪、神戸、門司、長崎、沖縄の各税関の通関業監督官

 

資格一覧

スポンサードリンク


通関士の資格内容や試験の概要/資格一覧関連ページ

社会保険労務士
弁理士
中小企業診断士
公認会計士
税理士