基本情報技術者試験の資格内容と試験概要

基本情報技術者試験の資格内容と試験概要

パソコンを操作する人のイラスト

基本情報技術者試験は、IT業界の基礎や基本を学ぶための最適な国家資格です。高度なIT技術者になるために必要は基礎知識・技能を持ち、実践的な活用能力を身に付けたものに与えられる資格です。

資格取得後はITソリューションや基本戦略の立案、IT製品やサービスを実現する業務に従事し、上位の技術者の指導のもと、以下のいずれかの役割を担っていきます。

1.企業経営・社会システムが直面する課題に対して、情報技術を活用した戦略立案に参加する。
2.システムの設計・開発を行い、汎用製品の最適な組み合わせによって、信頼性・生産性の高いシステムを構築する。さらに安定的な運用サービスを実現する。

この資格を基本として、さらに上位資格を目指すIT技術者の方もたくさんいらっしゃいます。

基本情報技術者試験の概要

受験料 5,100円
試験日 春期⇒4月の第3日曜日、秋期⇒10月の第3日曜日
試験地 東京、名古屋、大阪、札幌、仙台、福岡、青森、那覇、高松などの全国各地の主要都市
受験資格 特になし。年齢制限もなし。
受験手続 個人受付と団体受付がある。個人受付は、郵便局やインターネットでの受付が可能。
試験時間 午前150分、午後150分で行われる。
午前は多肢選択式(四肢択一)で80問出題、80問回答。
午後は多肢選択式で13問出題、7問回答。
問い合わせ先 独立行政法人情報処理推進機構
情報処理技術者試験センター
TEL:03-5978-7600
公式HP https://www.jitec.ipa.go.jp/

 

資格一覧

スポンサードリンク



基本情報技術者試験の資格内容と試験概要/資格一覧関連ページ

ITパスポート試験
応用情報技術者
情報セキュリティスペシャリスト
ネットワークスペシャリスト試験