美容師 調理・美容・語学・スポーツ関連の代表的な国家資格

美容師の仕事内容と、美容師になるための課程について

美容師の主な仕事は、髪のカット、パーマ、カラーリング、スタイリング、シャンプーなどです。また、冠婚葬祭やパーティーなどで髪を結ったり着付けをすることもあります。近年ではメークやネイルアートなども手掛けるなど、活躍の場が広がっています。

美容師は、エステティックサロンや美容室、結婚式場などが主な職場です。美容室などで経験を積んでその技量が認められれば、雑誌や各種メディアの世界でヘアーメイクアーティストとして活躍するチャンスも巡ってくるかもしれません。

収入については、実務経験3年以上の場合、月収が約17万円〜30万円ぐらいまでと幅があるようです。実力重視の世界であり、有名美容室の店長ともなれば、月収100万円以上も可能と言われています。

美容師に必要な資質としては、お客さんがどのようなヘアスタイルを望んでいるかを素早く察知できるセンスが必要です。いくら素晴らしい技術を持っていても、お客さんが希望するヘアスタイルに出来なければ、お客さんは満足してくれません。お客さんが期待している以上のヘアスタイルを提供できれば、きっと実力が認められることでしょう。

また、髪を切っている間にお客さんとコミュニケーションがうまく取れる、対人能力も必要です。さらに、お客さんが主役であるため、お客さんに心地よくカットを受けてもらうおもてなしの心も必要ですね。

美容師を育成する美容学校は厚生労働省の認可が必要ですが、近年は認可待ちをしている学校が増えており、今後も美容学校の数が増加していくことが予想されます。

美容師として働くまでの流れ

1.高校を卒業し、厚生労働大臣認定の美容師養成施設で修学。(期間は昼間・夜間過程で2年以上、通信過程で3年以上)

2.美容師の国家試験を受験し、合格する。

3.美容室やエステティックサロンなどに就職。

試験についての問い合わせ先

(財)理容師美容師試験研修センター試験部

TEL:03-5579-0211


 

資格一覧

スポンサードリンク


美容師│調理・美容・語学・スポーツ関連の代表的な国家資格関連ページ

調理師
栄養士
食品衛生管理者
製菓衛生師
全国通訳案内士